低価格で安全なピル

低用量ピル

低用量ピル低用量ピル希望の方は希望が無ければ、内診など婦人科検診は行いません。
価格:1852円(税込 2,000円)
あと服用に際して喫煙の有無、血液疾患の有無をなどお尋ねします。
体重 血圧の測定などもさせていただいています。
採血で肝臓の機能検査、白血球数、赤血球数、ヘモグロビン、血小板数などを調べることもできますが(私費4,000円)最近、職場などの健康診断や献血などで採血していたらそれで代用できます。


■取り扱っている低用量ピル一覧

・シンフェーズ(科研製薬)
生理痛や過多月経に効果があります。サンデースタートピルです。

・オーソM-21(持田製薬)
シンフェーズと同じホルモンで1相性,生理の予定日の変更が容易です。
(子宮内膜症のための保健薬ルナベルと同じものです。)

・アンジュ(あすか製薬)
・トリキュラー(バイエル製薬)
・ラベルフィーユ(富士製薬)

この3つは製薬会社は違いますがピルとしては同じものです。第2世代、3相性です。

・マーベロン(MSD 第3世代 輸入品)
1相性のピルです。ニキビに効果あります。

・ファボワール(富士製薬 第3世代)
1相性のピルです。成分はマーベロンと同じでニキビに効果あります。

・ダイアン35(輸入品)
1相性の超低用量ピルです。日本ではまだ発売されていません。最近使い始めましたが副作用が少ないようです。

・ヤ―ズ(保険薬)
2010年11月から生理痛のための治療薬(保険薬)として発売になりました。

・ルナベルLD・ルナベルULD(保険薬)
2013年10月から生理痛のための治療薬(保険薬)として発売になりました。

・フリエルLD(保険薬)
2015年12月から処方開始 ルナベルULDのジェネリック(保険薬)です。

もっともっとピルのことを詳しく知りたい人は日本産婦人科学会のページを参照してください。
ガイドライン(日本産婦人科学会編)

予約に関しまして

予約の必要はございませんので、お気軽にご来院ください。
診療時間は、午前 10:00〜13:00 午後15:00〜18:30になっております。
他に不安なことやご質問等がございましたら、メールでのご相談も受け付けておりますので、ご連絡ください。

←戻る