子宮頸がんワクチン

子宮頸がん(HPV)ワクチン

子宮頸がんワクチンヒトパピローマウイルス(HPV)は皮膚や粘膜などに感染するウイルスの一種で、約100種類以上ものタイプがあります。 このうちの約15種類は子宮頸がんの原因となることが多いので、『発がん性HPV』または『ハイリスク型HPV』と呼ばれています。この『発がん性HPV』に関しても約80%の女性が一生に一回じは感染するような、ありふれたウィルスです。


子宮頸がんワクチン(ガーダシル)のお知らせ

(1)子宮頸がん発症の主要な原因である、発がん性ヒトパピローマウイルス(HPV)の16型と18型と良性腫瘍を引き起こす6型と11型の感染を予防するワクチンです。

(2)前がん病変(CIN1,CIN2,CIN3またはAIS)の発症を100%予防します。

外陰がん・膣がんの前がん病変(VIN1/2/3 VaIN1/2/3) の発症を100%予防します。

尖圭コンジローマの発症を100%予防します。

(3)9歳以上の女性が接種対象です。

費用は?

費用は、3回接種 1回16,500円 計49,500円です。

診療時間は、午前 10:00〜13:00 午後15:00〜18:30になっております。
他に不安なことやご質問等がございましたら、メールでのご相談も受け付けておりますので、ご連絡ください。

子宮頸がんワクチン(サーバリックス)のお知らせ

(1)子宮頸がん発症の主要な原因である、発がん性ヒトパピローマウイルス(HPV)の16型と18型の感染を予防するワクチンです。

(2)前がん病変(CIN2,CIN3)の発症を92.3〜100%予防します。

(3)10歳以上の女性が接種対象です。

費用は?

費用は、3回接種 1回16,000円 計48,000円です。

診療時間は、午前 10:00〜13:00 午後15:00〜18:30になっております。
他に不安なことやご質問等がございましたら、メールでのご相談も受け付けておりますので、ご連絡ください。