当院が扱う避妊リングについて

新型子宮内避妊リング(ミレーナ)のお知らせ

避妊リングミレーナ新型子宮内避妊リングは、レボノルゲストレルという黄体ホルモンが付加された新しいタイプの子宮内避妊リングです。現在、世界中で約600万人の女性が使用しています。従来のリングと同様、子宮内に留置する事によって受精卵の着床を防ぐという効果に黄体ホルモンの持つ作用が加わり、子宮内膜増殖抑制作用、子宮頸管粘液粘度増加作用、精子運動性阻害作用を併せ持つ事になりました。その結果、非常に高い避妊効果を得る事ができました。又、黄体ホルモンの作用により、徐々に出血量が減る事になり、月経困難症や子宮筋腫の方の過多月経のコントロールにも期待できます。


次のような方にお勧めです。

  • 低用量ピルがうまく使えない。
  • 飲み忘れる。
  • 気持ちが悪くなる。
  • 太る。
  • 高血圧や肥満、喫煙などの低用量ピルの使用制限に引っ掛かる。
  • 子宮内膜症や子宮筋腫などで手術を勧められている。

低用量ピルとミレーナの比較(メリット)

ミレーナは子宮内にのみ黄体ホルモンが作用します。そして、ミレーナは子宮内にのみホルモン作用があるので、ピルで気になるむくみ、吐き気、頭痛等の内服薬ならではの副作用が出にくくなっております。 又、黄体ホルモン単剤なので、OCで危惧される血栓症のリスクもなく、高血圧の方、肥満傾向の方、喫煙している方に使用しやすいという点がメリットです。又、毎日服用するわずわらしさから解放され、どうしてもピルが体に合わない方には是非お勧めします。一度装着をすると5年間有効であり、最初の1年以内にほとんど出血がなくなり、無月経になる方もいます。生理のわずわらしさからも解放されます。

ミレーナのデメリット

最初の1〜2ヶ月程度に少量の持続する不正出血が出現しやすい事があります。体に害や支障はありませんが慣れるまではわずわらしいかもしれません。挿入時は軽い痛みを伴う事が予想されます。原則は外来で数分で装着可能です。ただ、希望の方には半日入院で全く痛みのない麻酔を併用しながら挿入も可能です。

費用は?

費用は、いままで私費のみででしたが。今年から治療が必要となる場合のみ保険適用になります。
(婦人科医の診察・診断が必要です。)

5年間有効ではありますが、妊娠希望が出たら除去する事により、すぐ妊娠する事が可能です。
当然妊娠や胎児に影響はありません。

予約に関しまして

予約の必要はございませんので、お気軽にご来院ください。
診療時間は、午前 10:00〜13:00 午後15:00〜18:30になっております。
他に不安なことやご質問等がございましたら、メールでのご相談も受け付けておりますので、ご連絡ください。